脊柱管狭窄症でお悩みのあなたに有効な3つのストレッチ方法をお伝えします!【船堀整体院 健】

姿勢

脊柱管狭窄症ってとっても厄介な症状です!!

腰痛これは断言出来ます。

前回のブログで手術についてお書きしました。

今日は手術をしたくない方にとって有効なストレッチを3つお伝えしようと思います!

やっぱりじっとしとくのは良くないし、かと言って歩くのは辛いしってお悩みの方はとても多いと思います!

なので、少しでもそういう方にとって自分で出来る簡単なストレッチ方法を3つお伝えしようと思います!

ストレッチもダイエットと同じですぐには良くなりませんが、積み重ねる事によって効果を発揮します!

なので、根気強く、このストレッチが習慣になると嬉しいので宜しくお願い致します。

まず、脊柱管狭窄症の方って前屈になると少し楽になる場合が多いです!

それを考えると逆に身体を反った状態が良くないって事になります。

反り腰特に反り腰の方は負担に繋がってしまうので、そういう根本から改善出来る様にストレッチをお伝えしていきます!

では、早速3つのストレッチを解説して行こうと思います。

まず1つ目のストレッチ方法は太ももの前側を伸ばすストレッチです!

太もも 前側 ストレッチこれは、簡単でみなさんやった事があるかも知れないです。

太ももは筋肉で1番大きい所なので、ダイエットする時もスクワットが良いってのもその為なんですけど、ストレッチもとても有効で、この筋肉が固くなると姿勢も悪くなるので、寝起きで朝腰が痛いって方にも効果的なので是非やって欲しいストレッチです!

ちゃんと前側が伸びてる事を意識する事をしっかりやってあげて下さい!

でこの時にも腰が反らないように気を付けてやって欲しいので、横向きで寝ながらの方が楽だったらその方法をオススメします!

横向きの寝ながらの方が腰への負担は減らせると思いますので、腰に負担がかからないように、腰が反らないようにを意識してやって下さい。

次に2つ目のストレッチ方法はお腹周りのストレッチです!

仰向け 膝立ち
脊柱管狭窄症のみなさんは、腰から脚にかけて痛み、しびれを感じるのでお腹なんて関係あるのって感じだと思いますけど、かなり関係あるんです!

反り腰の方にもさっきの太もものストレッチと一緒で有効なので、是非参考にしてやって欲しいです!

まず仰向けで立ち膝で寝てもらって、おへそから指4本分離した位置に手を置いてもらって、そこのお腹の筋肉を両手で触って片方ずつ圧をかけて欲しいです。

その時に圧をかけてる側の脚を外側に倒して下さい!

10回やったら、反対側のお腹を押して反対の脚を同じようにやります。

本当にこれだけで楽になるので、是非やった方が良いのでやって下さい!

自分で触るとわかると思いますけど、結構お腹周りの筋肉って固いし触ると痛いって感じると思います。

なので、そこを緩めてあげると腰にも繋がる筋肉があるので、楽になって行くのです。

お腹の筋肉が緩むと反り腰の方も楽になり、しっかり骨盤が立つ良い姿勢になりますので、頑張ってお腹を緩めるストレッチ、意識して下さい!

最後に3つ目のストレッチ方法はお尻のストレッチになります!

お尻のストレッチこれもとても効果的で、最近は堤真一さんのCMでもやってたと思います(笑)

椅子に座って片方の膝の上に片方のくるぶしをのせてあぐらみたいにします。

それで、お辞儀をするみたいに前に倒して行くんですけど、その時に頭はお辞儀をしないで残したままでやって行きます!

そうする事によってお尻の筋肉が伸ばされて痛気持ちく感じると思いますので是非参考にして、両足やって下さい!

やればやるだけ効果がありますので、是非やって下さい。

狭窄症の方は、腰から臀部から足にかけて痛みが強く、歩くのが辛くなるので、その臀部を緩める為に有効になりますので、必ずやって下さい。

中々文章だけだどお伝えするのが難しいので、わからない方はLINEでお伝え下さい!

LINEアイコン動画をお送りするので。

脊柱管狭窄症の方が少しでも手術する事をせず良くなる為のストレッチ方法をお伝えさせてもらいました!

ここまでは、脊柱管狭窄症の方に必ずして欲しいストレッチ方法をお伝えして来ましたが、

逆に脊柱管狭窄症の方がして欲しくないストレッチだけ最後にお伝えします。

それは腰を伸ばすストレッチです!

ストレッチそのストレッチをすると伸びてより反り腰にしてしまう可能性があるので僕はオススメしません。

なので、腰を反るようなストレッチは、状態にもよりますけどあまりオススメ出来ないのでなるべく、教えたストレッチを積極的にして下さい!

このストレッチをする事によって少しでも楽になってもらえたら嬉しいですし、またわからない事などありましたらご連絡お待ちしてますので宜しくお願い致します!

まだまだ、お伝えしたいストレッチ方法はたくさんあるので(笑)

脊柱管狭窄症の方は本当に辛いと思います。

やっぱり当たり前に出来てた歩く事が困難になるとは考えもしなかったと思います!

歩く事が出来ないと、外出も減り、余計筋肉も減ってしまいます。

なので自分で出来る簡単な事から頑張って始めて下さい!

その1つが僕が今日教えたストレッチになってくれれば嬉しいので!

ありがとうございました。

船堀整体院 健

佐藤 健太郎

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA